“鍵”をめぐる王家との戦いはさらにエスカレート!新たな“グリム”の存在が明らかに!?

Introduction

童話で知られるグリム兄弟が書き残した物語は、人間の姿かたちを借りて人間社会に潜む“魔物”たちとの闘いの記録だった…。
森深いオレゴン州ポートランドの市警察殺人課の刑事ニック・ブルクハルトは、育ての親であるおばのマリーから自分がグリムの末裔であることを知らされ、以来、ヴェッセンが関わる事件の解決に挑んでいく…。
「GRIMM/グリム」は2011年に米NBC局で放送開始。同年にスタートした米ネットワーク局の新番組の中では最も高い視聴率を挙げ、特に若い視聴者の間ではあっという間に人気ドラマのひとつなり、ファン・サイトも次々に誕生。本国アメリカで金曜夜に放送されている本作は、同曜日の全ドラマ中、18-49歳層にて、最も高い視聴率を獲得しており、「HAWAIIFIVE-0」や「ブルーブラッド~NYPD家族の絆~」など他の人気ドラマを抑えて金曜ドラマでは視聴率トップに君臨。また、シーズンを重ねるごとにファンを獲得し、NBCの看板番組のひとつに成長、最近ではシーズン4の放送終了を前に早くもシーズン5の放送継続が決定するなど、多くの話題を集めている。
ヴェッセン界を統治する“王家”のエリックが放ったヴェッセン、“クラシェイ・モーテル”の毒に侵されたニック。その毒は、人間を仮死状態にした後、凶暴化したゾンビのように変えてしまうものだったが、“グリム”の力を持つニックにはある“副作用”が起こってしまう。その症状は徐々に進行していき、やがて刑事としての職務にも支障をきたすことに…。ジュリエットとモンローたちは、力を合わせてニックを元に戻そうと奔走するのだが…。一方、レナード警部を誘惑し、まんまと計画通り彼の子供を妊娠したアダリンド。ウィーンに渡り、王家の血を引く子供を宿したことを武器に、ロマの女王シュテファニアの力を借りて“ヘクセンビースト”としての復活を試みる。そしてその子供の存在は王家も知ることになり…!?
王家のリーダー、エリックがグリムの末裔であるニックの誘拐を試みたことをきっかけに、レナード警部も“攻め”の態勢を取らざるを得なくなり、対立勢力の内部でも新たな動きが…。シーズン3では、ポートランドとヨーロッパを舞台に、ストーリーはさらに大きな広がりを見せ、ますますエキサイティングなドラマが展開する。
※米ニールセン調査:2013/10/25~2014/1/10 リアルタイム+同日視聴のデータより。

Introduction

オレゴン州ポートランド市警察殺人課の刑事ニックは、街中で、美しい女性が瞬間的に魔物のような恐ろしい顔に変貌するのを目撃。実はニックは人間に紛れて存在している“魔物(ヴェッセン)”を狩るグリム一族の末裔であり、グリムとしての能力が覚醒したのだった。
ヴェッセンに恐れられるグリムだが、ニックの親友は狼型ヴェッセン、“ブルットバッド”のモンローで、ヴェッセンが絡む事件ではモンローや、彼の恋人でキツネ型ヴェッセンの“フクスバウ”であるロザリーも頼もしい協力者だ。ポートランド市警でのパートナーであるハンクや恋人ジュリエットは人間だが、ヴェッセンの世界を知り、ニックがグリムであることも承知して、公私にわたり彼を支える。
ニックの上司、レナード警部は、魔女型ヴェッセン“ヘクセンビースト”と人間のハーフで、ヴェッセン界を統治する“王家”のエリックとは異母兄弟の関係。だが、レナードは密かに反王族のレジスタンスに関わりがあり、エリックに逆らいニックを守ろうとする。苛立ったエリックは、フグ型のヴェッセン、“クラシェイ・モーテル”である“男爵”をポートランドに送り込み、無差別的に液体毒をまき散らしてゾンビ・パニックを引き起こし、そのどさくさに紛れてニックを誘拐しようとする。“クラシェイ・モーテル”の毒は人間を仮死状態にした後、凶暴化したゾンビのように変えてしまうものだったが、グリムであるニックには別の反応が出ており…。その頃ウィーンでは、王家の血を引くレナード警部の子供を宿したアダリンドが、“ヘクセンビースト”の力を取り戻すべく、ロマの女王シュテファニアの指示に従って儀式を進めていた…。

Introduction

ゾンビ化したニックの運命は?

“クラシェイ・モーテル”に毒液を吹きかけられたことによって仮死状態におちいり、棺桶に入れられてしまったニック。フグ型ヴェッセン、“クラシェイ・モーテル”の毒液を浴びせられた人間たちは仮死状態を経て凶暴なゾンビ化する過程をたどるが、ロザリーによると、グリムであるニックは、違った反応を示すはずだとのこと。ニックは棺桶に閉じ込められたままの状態で、王家のリーダー、エリックが待ち構えるウィーンに運ばれてしまうのか?仮死状態から覚醒したニックには、どのような変化が訪れるのだろうか。ニックの運命はいかに…?

ハンクとジュリエットが加わった
“新生グリム・チーム”

当初は悪夢に悩まされたハンクも、今ではすっかりヴェッセンに関連した事件の捜査に慣れ、モンローとレナード警部がそれぞれヴェッセンに変身するのを見て「羨ましい」と言えるまでに回復。ニックにとって頼もしいパートナーへと成長する。またジュリエットも、ニックについての記憶を取り戻した際に、モンローたちを通して、ヴェッセンの存在とニックがグリムである事実を知る。その直後はさすがにショックを受けたジュリエットだったが、獣医である自分の知識と経験を活かすなどして、ニックが取り組む事件の解決にも協力。ハンクとジュリエットという、ニックが最も信頼を寄せる2人が加わったことで、シーズン3では新たな戦力を得た“グリム・チーム”の活躍ぶりが楽しめる。

飛躍的な進展を見せそうなモンローと
ロザリーの関係

ニックについての記憶を失った上、アダリンドの母キャサリンの陰謀に巻き込まれたジュリエットと、それによって傷ついたニックとの関係の修復を何とか手伝おうと、自分たちのことは構わずに一所懸命になっていたモンローとロザリー。ジュリエットの記憶がようやく回復し、めでたくニックと恋人同士の関係に戻り、ニックは居候していたモンローの家から出てジュリエットと再び同居を始め、モンローとロザリーもやっと自分たちの関係に目を向ける余裕が出てくるように。そんなシャイな2人の関係もついに進展しそうな予感が…。

王家を巻き込むアダリンドの企み

ジュリエットに病的な執着を見せて困惑していたレナード警部を誘惑してまんまと妊娠したアダリンドは、ウィーンに飛び、王家の血を引く子供を身ごもっていることを武器に、再び“ヘクセンビースト”のパワーを取り戻そうと画策。王家サイドでも大きな変革が起こり、アダリンドとレナード警部の間の子供は予想以上に大きな役割を果たすことに。ストーリー上の大きな鍵を握るアダリンドの動きに要注目だ。

Introduction

■原題
GRIMM
■データ
2011年~現在全米放送中/アメリカ/二カ国語&字幕/60 分/HD作品
■製作総指揮
デヴィッド・グリーンウォルト、ジム・カウフ、ショーン・ヘイズ、トッド・ミルナー
■キャスト
ニック ・ブルクハルト…デヴィッド・ジュントーリ
モンロー…サイラス・ウェイア・ミッチェル
ジュリエット・シルバートン…ビッツィー・トゥロック
レナード警部…サッシャ・ロイズ
ハンク・グリフィン…ラッセル・ホーンズビー
ウー巡査部長…レジー・リー
ロザリー・カルヴァート…ブリー・ターナー
アダリンド・シェイド…クレア・コフィー

PAGE TOP