海外ドラマ「GRIMM/グリム」

童話で知られるグリム兄弟の家系は、人間の姿かたちを借りて人間社会に潜む魔物(ヴェッセン)たちの正体を見抜くことができる。森深いオレゴン州ポートランドの市警察殺人課の刑事ニック・ブルクハルトは、癌で余命いくばくもないおばのマリーから自分がグリムの末裔であることを知らされ、以来、ヴェッセンが関わる事件の解決に挑んでいく…。

ダーク・ファンタジーの要素を採り入れた刑事ドラマ「GRIMM/グリム」は2011 年に米NBC 局で放送開始。同年にスタートした米ネットワーク局の新番組の中では最も高い視聴率を挙げ、特に若い視聴者の間ではあっという間に人気ドラマの1つとなり、ファン・サイトも次々に誕生。本国アメリカで金曜夜に放送されている本作は、同曜日の全ドラマ中、18~49 歳層にて、最も高い視聴率を獲得しており、「HAWAII FIVE-0」や「ブルーブラッド~NYPD 家族の絆~」など他の人気ドラマを抑えて金曜ドラマでは視聴率トップに君臨※。また、シーズンを重ねるごとにファンを獲得し、視聴率、視聴者数も年々増加傾向にあり絶好調! 最近ではシーズン3の放送終了を前に早くもシーズン4の放送継続が決定するなど、多くの話題を集めている。

シーズン2では、シーズン1の終盤に登場したニックの母親によってグリム一族の歴史が語られると共に、世界征服の野望を抱く“王家” の謀略が明らかになるなど、ニックを取り巻くグリムとヴェッセンの世界の奥行きはさらに広がり、そこに潜む謎も深まっていく。魔女型ヴェッセンのアダリンドに毒を盛られて昏睡状態におちいってしまったジュリエットは無事に目を覚ますことができるのか、ヴェッセンの素顔を見てしまったゆえ悪夢に悩まされるハンクはそのトラウマから立ち直れるのか、そして、18 年前に殺されたはずの母ケリーはなぜ今になってニックの前に姿を現したのか…。一方、アダリンドをはじめ、様々なヴェッセンたちと密かにやり取りを続けてきたレナード警部にもある転機が訪れるなど、シーズン2は、ニックの周囲に居る人物たちの動向もドラマチックな展開を迎え、見逃せない必見のドラマになっている。

オレゴン州ポートランド市警察殺人課の刑事ニックは、街中でふと目を引かれた美しい女性が瞬間的に魔物のような恐ろしい顔に変貌するのを目撃。実はニックは、人間に紛れて存在している魔物(ヴェッセン)を狩る「グリム一族」の末裔であり、グリムとしての能力が覚醒したのだった。ニックは、相棒ハンクと共に刑事として難事件を解決しながら、狼型ヴェッセン“ブルットバッド” のモンローを裏の相棒に、自らの能力を密かに駆使して、グリムの末裔として魔物たちと対峙していく。

そんな中、あるヴェッセンに襲われていたニックの窮地を、突然現れて救った黒衣の女。それは父親とともに死んだとされていたニックの母ケリーだった。グリムであるケリーは、18 年間、単身で夫を死に至らしめた犯人を追っていたという。母との再会を喜ぶのもつかの間、ある殺人事件の現場に呼び出されるニック。死体の状況からヴェッセンの関与を察知したニックは、現場の写真をケリーに見せる。すると、ケリーはヴェッセンの仕業であると断言。しかも、そのヴェッセンは“王家” が送り込んできた刺客であり、真の目的はニックがおばマリーから託された謎の鍵だというのだ…。

恋人のジュリエットにグリムやヴェッセンについてのすべてを語る決心をしたニックだったが、ジュリエットは突然意識を失って倒れてしまう。魔力を奪われた魔女型ヴェッセン“ヘクセンビースト” のアダリンドが、ニックへの報復に、ジュリエットに呪いをかけたのだ。モンローとその友人ロザリーの協力で呪いを解こうするが、なかなか解明できないニックたち。眠り続けるジュリエットだが、彼女の中ではニックに関する記憶がひとつずつ消えていっているのだった。やがて、ジュリエットが昏睡状態だと知ったニックの上司レナードは、ある人物に連絡を取る。どうやらレナードは心当たりがあるらしく…!?

グリム、ヴェッセン、王家。ニックに託された鍵は…

実は、人間社会の中に入り込んで生活しているヴェッセン(魔物)たち。人間と共存し平和に暮らしているヴェッセンたちが大半だが、中にはヴェッセンの能力をつかって悪さをするものたちがいる。そういった悪いヴェッセンを取り締まる、ヴェッセン界の自警団的存在がグリムだ。グリムはヴェッセンの真の姿を見ることができるなど、特殊な能力を受け継いだ者たち。ヴェッセン界をとりしきる7 つの王家にも属さず、独立したグリムは、ヴェッセンたちから唯一恐れられる存在。だが最近、ある王家がグリムをとりこもうとしているらしく…!? ちなみに、ニックがおばマリーから譲り受けた鍵は、どうやら7 つ存在するようで、この鍵をめぐって王家とグリムも対立しているらしい。そして王家の人間は思いもよらぬほど、実は近くにいるらしいのだが…!?

眠れるジュリエットは“王子”のキスで目覚めるのか?

ニックは自分がグリムであることをジュリエットに告白しようと決心するが、その矢先にジュリエットはアダリンドの策略によって昏睡状態におちいってしまう。本当の自分を知ってもらえる機会を逃した上、さらに悪いことに、ジュリエットにかけられた呪いは彼女の中からニックの記憶を消しさっていくものだと判明。「眠れる森の美女」を彷彿とさせるストーリーだが、果たしてジュリエットは目を覚ますことが出来るのか?また、この事態を自ら解決しようと行動を起こすレナードにも注目だ。彼はなぜジュリエットを気にかけるのか、その理由とは…!?

ニックの母ケリー登場!

シーズン1最終回で登場した黒衣の女は、18 年前に死んだことになっていたニックの母ケリーだった。ケリーは自らの過去やグリム一族の歴史、7つの鍵、そして、3 つのコインなどについて語り、ニックの母親であると同時に、グリム一族の優秀なメンバーであることをうかがわせる。ケリーを演じているのは『アビス』、『ロビン・フッド』などの映画や、「WITHOUT A TRACE」などのTV シリーズへのゲスト出演で知られるメアリー・エリザベス・マストラントニオ。18年間の逃避行に耐えた強靭な精神と研ぎ澄まされたグリムとしての身体能力を見事に体現している。

■原題
GRIMM
■データ
2011年~現在全米放送中/アメリカ/二カ国語・字幕/
60分/今回シーズン1全22話/HD作品
■製作総指揮
デヴィッド・グリーンウォルト
ジム・カウフ
ショーン・ヘイズ
トッド・ミルナー
■キャスト
ニック ・ブルクハルト…デヴィッド・ジュントーリ
ハンク・グリフィン…ラッセル・ホーンズビー
ジュリエット・シルバートン…ビッツィー・トゥロック
モンロー…サイラス・ウェイア・ミッチェル
レナード警部…サッシャ・ロイズ
ウー巡査部長…レジー・リー

PAGE TOP